--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
01.10
Sat
google_favicon2009_1

google_favicon8yeargoogle_favicon20082009_google_favicon

みなさんGoogleにアクセスしてブラウザのアドレスバーをご覧下さい。
新ファビコンに変更されています!

(もし変わらなかったらブラウザのキャッシュを消せば変わるはず)

2008年に変わって今年2009年、またまた新しくなりましたね。
俺だけでしょうか。一瞬Firefoxのバグかと思いましたw
2009年1月10日の午前4時頃までは旧ファビンコンだった気がするので
4時〜10時の間に変わったという検証結果が出ました。多分。

いままで[G]のようにシンプルなアイコンだったから違和感ありますね。
なんだかポップな感じです。良く見ると白い部分が g になっています。
タブで開いたら目立つので、すぐGoogleだと判断出来て分かりやすいですね。
なんとなくChromeを意識してる感じがします。
個人的には2008年のgoo goo_favicon っぽいのよりは良いと思うw

faviconが欲しい方は↓から。

追記:
ちょっと詳しい検証の結果、どうやら日本では1月10日の午前4時〜5時の間に
ファビコンが変わったという結論が出ました。恐らく4時前後です。(どうでも良いですね

↓今回の新しいfaviconについて、Official Google Blogで声明が出されています。
他の候補の作品も見ることが出来ます。
Official Google Blog: Google's new favicon

どうやらGoogleのデザインコンテストのファビコンで
ブラジルのカンピナス大学の学生 André Resende さんの作品みたいです。
白抜きされた g のデザインや視認性が評価された模様。

どうやらまた近い将来新しくなる予感がします。
半年に1回くらいの間隔で変更して来るかもしれませんね。
楽しませるのが好きなGoogleらしいですね。


----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*
せっかく新しくなったので、Firefoxのブラウザの検索ボックスにあるファビコンを
新ファビコン 2009_google_favicon に変更してみよう!簡単です!

※心配な人や戻す可能性がある人は、行う前にgoogle-jp.xmlをバックアップしてね。

  • 1. まずは、Firefoxをインストールしたフォルダに行きます。
    C: → Program Files → Mozilla Firefox ←ココ

  • 2. 次に、そのフォルダの中にある searchplugins というフォルダに入ります。
    その中にある google-jp.xml を右クリックして編集かメモ帳で開きます。

  • 3. 開いたら、次の項目を探して下さい。上のほうにあります。
    <Image width="16" height="16">
    ありましたね?見つけたらその次に書いてある data:image〜から中間くらいにある
    </Image>の前までの文字を消して、下記ボックス内の文字と入れ替えて下さい。

    ※</Image>は消さないよ。
    (data:imageから〜意味不明な長〜い英数字の終わりまでを消す。)

    ↓クリックすると全選択になるので右クリックでコピーしてね。



  • 4. 入れ替えが終わったら上書き保存をして
    Firefoxを再起動して検索ボックスを見て下さい。
    新しいファビコンに変わっているはずです☆(ゝω・)v

    google_favicon2009_2


  • google_favicon2008 ←に戻したかったら下のに書き換えて下さい。



  • もう一つの方法!
    SearchPlugin.jp 』 からGoogleの検索プラグインを導入すると
    新アイコンで登録出来ます。こちらのほうがワンクリックで簡単。


    ちょっと関連してGoogleの歴代 『ホリデーロゴ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://oreryucustomize.blog93.fc2.com/tb.php/113-cb28dcac
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。